顎ニキビに効く食べ物、薬、化粧品

顎ニキビに効く食べ物、薬、化粧品なら

顎ニキビに効く食べ物とは

皮脂をコントロールする働きをするビタミンB2や代謝を促すビタミンB6が含まれている卵やレバー、まぐろやニンニクが最適です。

 

顎ニキビはホルモンバランスが影響しているので、大豆イソフラボンが含まれている納豆や豆腐、ホルモン分泌を促すビタミンEを含むタラコやナッツ類、ホルモン分泌を助けて丈夫な皮膚細胞を作るパントテン酸を含んでいる、アボガドやレバーがおすすめです。肌のトラブルを解消し、色々なビタミン類に相乗効果をもたらすビタミンCが含まれた赤ピーマンやレモンも忘れずに食べておきましょう。

 

顎ニキビに効く薬

処方薬とは顎ニキビを治す効果は高いのですが、同時に副作用の心配もあります。

 

ダラシンTゲルの効果と副作用とは

効果については、ブドウ球菌に効くリンコマイシン系の抗生物質になり、ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌する作用が期待できます。副作用では刺激が強く、塗った箇所がつっぱったり、赤くなって痒みが発生するケースがあり、副作用がひどくなると下痢や発熱、腹痛などが起きる場合もあります。

 

ミノマイシンの効果と副作用とは

効果についてはテトラサイクリン系の抗生物質で、抗菌薬として利用されていますが、この薬に耐性を持っている菌がかなり多いため、一般的に使用されることは少なくなっています。ニキビ薬としては効果的で、処方されることも多いのですが、長期間使用していると薬が効かなくなってくる可能性があります。副作用では、めまいや嘔吐、発疹や腹痛などがあります。

 

アクアチムの効果と副作用とは

効果については耐性菌の少ないニューキノロン系の抗生物質で、アクアチムに含まれているナジフロキサシンには、アクネ菌やブドウ球菌を殺菌する力があり、炎症を鎮めて皮膚の赤みを緩和する作用があるといわれています。副作用には、乾燥やヒリヒリ感、皮膚の痒みが出ることがあります。

 

ディフェリンゲルの効果と副作用とは

ディフェリンゲルは有効成分アダパレンの作用で、固くなった角質による毛穴の詰まりを防いでニキビの発生を抑える効果が期待できます。副作用では皮膚の刺激や乾燥、痒みなどがあります。

 

ベピオゲルの効果と副作用とは

ベピオゲルは2015年に保険適用された新薬で、古い角質を取り除いて肌の再生を促す作用と、アクネ菌の殺菌効果がある薬です。副作用には肌への刺激と赤み、乾燥などがあります。

 

 

顎ニキビに効く化粧品と口コミで有名な化粧品では、薬用化粧品のメルラインがあります。

 

メルラインとは保湿効果の高い成分が配合されたオールインワンジェルで、角質層を水分で満たして皮脂分泌を調節し、ニキビをできにくくする効果が期待できます。保湿が十分な肌はバリア機能が向上して、新陳代謝が促されるので、古い角質による毛穴の詰まりを解消する効果があるといわれています。パラベンや鉱物油を使用していないため、有害物質が蓄積する心配もありません。処方薬のような副作用もなく、アルコールも使用されていないので、低刺激で安心して使えるニキビ対策用化粧品です。